FC2ブログ


2011年04月29日 (金) | Edit |
原発の地下に巨大プール構想 首相、全漁連会長に説明
http://www.asahi.com/politics/update/0428/TKY201104270655.html
福島第一原発の敷地内の地下を深く掘って巨大なプールを建設し、高い放射性濃度の汚染水をためる構想があることが分かった。菅直人首相が27日、全国漁業協同組合連合会の服部郁弘会長と首相官邸で会談した際に明らかにした
それを建設するのにいったいどのくらいの日数がかかるというのだろうか。3年かけて建設とでもいうのだろうか?それも大事だが、原発施設を巨大な風船で覆うという作戦はいつ実行に移されるのだろうか。遅々としてすすまない放射能汚染対策。放射能垂れ流し状態が続いています。それにしてもスッカラ管は、答弁に窮するといろんなことを口走りますね。そんなこと、この場で明らかにされても・・・。危機管理ができないバカ首相です。つーかですね、そんなもの作るより冷却水循環系を早く作れよ。

福島第1原発:汚染水の浄化計画 実現性は未知数
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110428k0000m040152000c.html
一方、この日菅直人首相が漁業団体との面会で原発敷地の地下46メートル地点に大型プールを建設する方向で検討していることを明らかにしたことについて記者団から質問され、細野氏は「(菅首相が)そこまで具体的におっしゃったのに驚いた。総理と直接話をしていないので……」と発言。松本本部長代理も「地下に(タンクを)埋めるのは水処理施設がうまくいかない場合、一時的にためるためだ」と述べ、計画通りに進まない可能性もうかがわせた
首相が口走った地下巨大プール建設は、まったく関係者間で詰められた話ではないことがこの会話からもわかります。漁業協同組合連合会からの問い詰めに窮した首相が、とっさにできるかどうかも詰められていないこんな話をポンッと口走ってしまったということが真相のようです。本当にどうしようもない首相です。

高濃度の汚染水タンク、地中埋設へ…東電が発注
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110427-OYT1T00800.htm
東電は、2号機タービン建屋地階にたまった汚染水のような高濃度汚染水用のタンク約1万トン分と、それに準じた中濃度汚染水を回収できるタンク約2万トン分を、国内の大手ゼネコン2社を通じてすでに発注。国内のメーカーがタンクを新造し、6月中の設置を目指している
スッカラ管が発言したものとは違う物のようですね。6月中の設置って、いつになったら循環系ができるのだろうか。
中・高濃度用のタンクは長さ十数メートルの細長い円筒形で、腐食に耐える塗装などの特別な加工を施す。高濃度タンクは、放射線を抑えるため、横倒しにして地下に埋設する方針だ
数十年後に腐食して地下に漏れ出すに100万バーツ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック