FC2ブログ


2011年05月03日 (火) | Edit |
「宝物」のボール戻った 津波に流された妻との結婚記念
http://www.asahi.com/national/update/0502/TKY201105010450.html
岩手県陸前高田市に住んでいた高校教師、小野寺浩詩さん(43)のもとに、妻と出会った高校の思い出が一つ、届けられた。「結婚おめでとう」との寄せ書きが記されたバスケットボール。自宅から約13キロ離れた宮城県気仙沼市の海辺に流れ着いていた(中略)鈴木さんから電話を受けた記者がボールを預かり、5月1日、浩詩さんに手渡した。部員とマネジャー計14人のメッセージが刻まれたこのボールは、震災後に見つかった唯一の自分のものだった。「ずっと気になっていた宝物です。返ってくると思っていなかったので、うれしいです」と涙ぐんだ
この記者の思わぬ「特ダネ」に心が踊ったのが手に取るようにわかる記事だな。そんな下衆な勘ぐりは置いといて、防災無線で呼びかけ続けて流された女性職員とこの人の奥さんの記事は、今回の震災の中でも記憶に残るもののひとつ。今回これが見つかったのも記事を書いたアカヒの功績ですね。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック