FC2ブログ


2011年05月05日 (木) | Edit |
海底に放射性物質 福島第一沖合15キロと20キロ
http://www.asahi.com/national/update/0503/TKY201105030415.html
東京電力は3日、福島第一原発から15キロと20キロ離れた海底の土から、初めて放射性物質を検出したと発表した。土は4月29日に採取した。北側15キロの地点で、土1キロあたり、放射性ヨウ素131が190ベクレル、セシウム134は1300ベクレル、セシウム137は1400ベクレルだった。海底の土の基準はない。単純比較はできないが、イネの作付け禁止の目安は、土1キロあたり放射性セシウムが5千ベクレル。今後、魚介類への影響を調べる
魚介類への影響がないわけがないわけで・・・。三陸沖の漁業は壊滅です。さらに問題なのは、
2号機の取水口付近で、海水の放射能濃度が再び上昇していることを明らかにした(中略)フェンスの内側は230ベクレルで、前日比で2.3倍高かった
という事実。なんらかの経路で高濃度の汚染水が海に滲み出していることを物語っています。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック