FC2ブログ


2011年05月09日 (月) | Edit |
ビンラディン容疑者殺害:少年がオバマ氏にやり方“苦言”
http://mainichi.jp/select/world/news/20110508k0000m030046000c.html
ニューヨークの米同時多発テロ跡地で5日行われた献花式で、犠牲者遺児の10歳の少年がオバマ大統領に、国際テロ組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の殺害について「もうちょっとひどくないやり方はなかったの」と“苦言”を呈した
ということです。丸腰で拘束したビンラーディンをその場で撃ち殺したらしいことは、彼の娘が証言しています。国際社会的には黒に近いグレーなやり方が批判を浴びている今回の事件。私はオバマを支持しますが、この犠牲者の子どもの言うことももっともで、報復の連鎖は犠牲者たちも望んではいないことだと思います。

     ▲少年と握手するオバマ大統領
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック