FC2ブログ


2011年05月18日 (水) | Edit |
2・3号機もメルトダウン 東電データで裏付け
http://www.asahi.com/national/update/0517/TKY201105160690.html
東京電力福島第一原子力発電所の2、3号機でも炉心溶融が起こり、原子炉圧力容器の底に燃料が崩れ落ちるメルトダウンが起きていたとみられることが、16日に東電が公表したデータで裏付けられた。3号機では溶けた核燃料がさらに下の格納容器内に落ちた恐れもある
こういうことがなし崩し的に公表されることの方が怖い気がする。3号機はプルトニウムが圧力容器から格納容器に落ちて「象の足」になってるわけでしょ?ものすごく危険なんじゃね?なぜそういうことをきちんと言わないのだろう?だったらなぜ3号機は温度が上昇し続けているのだろか?圧力容器に残った核燃料が最臨界に達しているんじゃないのか?公表は数ヵ月後?
データによると、圧力容器内の圧力が、2号機は3月15日午後6時43分に、3号機は3月16日午後11時50分に、それぞれ下がった。圧力容器の密閉性が損なわれ、圧力が抜けたとみられている
3月15日には圧力容器に穴が空いていたわけですよね・・・。ベントして圧力を下げたと思っていた・・・。「メルトダウンしてチャイナ・シンドローム」という当初想定した最悪の事態が3月の時点ですでに起こっていたということですよね。当時の報道と事実がまったく違うことに戦慄を覚えます。で、テレビのニュースではこのことについてまったく触れないのはなぜ?報道管制が敷かれているの?
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック