FC2ブログ


2011年05月30日 (月) | Edit |
3000マイクロシーベルト超の高線量も 地震直後の未公開値発表
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110528/dst11052813280019-n1.htm
東京電力は28日、福島第1原発敷地内で、3月11日の地震発生後から同月15日までに測定していた未公表の放射線量データを発表した。公表済みの10分ごとの測定値の間を埋める2分ごとの値などが含まれ、最高線量は3月15日午前8時55分の正門付近の毎時3509・0マイクロシーベルト。毎時3509マイクロシーベルトは、その場に20分いるだけで一般人の年間被ばく限度を超える放射線量
まだまだ隠していると思うのは私だけだろうか。第3者機関が発表するのなら信用できるが、当事者である東電が発表しているわけですから都合の悪いデータは改竄しているに違いない。東電と政府の言うことは一切信用できない。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック