FC2ブログ


2011年05月31日 (火) | Edit |
不信任案 急流渡れぬなら馬換えよ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110530/plc11053003120000-n1.htm
小沢氏らと会って、政権維持への協力を呼びかけるのだろうが、首相が取るべき行動は違うのではないか。国難克服の実現にマニフェスト(政権公約)の修正は避けられないことを小沢氏や党内に宣言し、説き伏せることだ。こうした行動を取ろうとせず、問題を先送りしていることが東日本大震災などをはじめ、あらゆる対策に停滞を生じさせ、被災者を苦境に追い込んでいる。不要不急の事業を停止し、歳出の優先順位を組み替えることこそが、首相の今の責務ではないか
そのとおりだ。バラ撒きをやめて復興予算に組み替えるのは当たり前のことだ。そんなことすらできないとは・・・。
民主、自民、公明の3党が4月末に交わした3党合意で、ばらまき政策の見直しを確認したのに、首相や民主党は結論を先送りしている
もはや政権担当能力がないと見るべき。
谷垣禎一自民党総裁は「この政権が1日長く居座れば1日国益を損なう」と語った。この時期に政争はおかしいという声があるが、菅首相による“人災”をこれ以上続けさせてはならないという点で、与野党議員の多くが一致しているともいう。急流を渡れず流されているのであれば、馬を乗り換えなければならないだろう
急流を渡れないというが、当の本人は急流に流されているにもかかわらず、その認識がない。急流をうまく渡っていると思っているのだ。だがいつまでたっても対岸にはつかない。つかなくても不思議だとは思わないのだろう。原発対応も震災対応もうまくやっているというのだから、自己採点の甘さはひどいものだ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック