FC2ブログ


2011年08月29日 (月) | Edit |
東日本大震災:三陸沿岸に家「おかしい」 蒲郡市長が発言
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110827k0000e040053000c.html
愛知県蒲郡市の金原久雄市長(64)が、東日本大震災で被災した三陸沿岸について「歴史的に大津波が来ている記録があるのに、そこに家が建っていること自体がおかしい」と発言していたことが27日、分かった。三陸沿岸は津波で大きな被害を受け、多くの被災者が避難している状況で、配慮を欠いた発言として反発を招きそうだ
え?何か間違ったこと言ってる?正論でしょ?「配慮を欠いた発言」ってどういう意味?「そんなところに家を建てたヤツがバカ」という意味にとれるから?どうして、こんな正論が叩かれるの?千年に一度は必ず津波が来る。今回の津波でスーパー堤防すら意味がないことが証明された。そんなところになぜ家を建てるのか私も理由を聞きたい。もし、この発言が糾弾されるなら、それは言論統制だ。まぁ、「市長」という立場で言っていいのかどうかは微妙だが・・・。岩手県宮古市の姉吉地区には↓のような大津波記念碑があるそうです。「高き住居は児孫の和楽/想(おも)へ惨禍の大津浪/此処(ここ)より下に家を建てるな/明治二十九年にも、昭和八年にも津浪は此処まで来て/部落は全滅し、生存者、僅かに前に二人後に四人のみ/幾歳(いくとし)経るとも要心あれ」と刻まれているとか。建ててもいいけどそれは自己責任というかむしろ無謀行為に他ならないよね。

     ▲大津波記念碑
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック