FC2ブログ


2011年09月27日 (火) | Edit |
発毛にスイッチ入れる物質を発見…米チーム
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110925-OYT1T00742.htm?from=y10
体に毛を生えさせるスイッチを入れる物質を、米エール大学の研究チームがマウスを使った実験で発見した。人間の毛髪にも同じ仕組みがあると考えられ、脱毛症治療などへの応用が期待される
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
研究チームは、毛根の周りにある「脂肪前駆細胞」に注目。その数を調べたところ、毛が成長する直前に増えていた。脂肪前駆細胞ができないようにマウスの遺伝子を操作すると、毛は成長しなかった。さらに脂肪前駆細胞の働きを調べた結果、この細胞が「PDGF」というたんぱく質を作り、PDGFが毛の幹細胞に作用して毛が生え始めることがわかった
ということです。カツラ業界涙目。つーか、一刻も早く商品化してください。おながいします。ん?ということはムダ毛処理用の薬も開発できるんじゃね?

     ▲こういう仕組みらしい
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック