FC2ブログ


2011年09月29日 (木) | Edit |
セシウム飛散、250キロ以遠にも 群馬の汚染地図公表
http://www.asahi.com/national/update/0927/TKY201109270600.html
文部科学省は27日、航空機を使って測定した放射性セシウムの蓄積量について、群馬県の汚染マップを公表した。東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の帯が、250キロを超えて広がっていることが分かった
なぜもっと早くこういうことをしなかったのか小一時間・・・。福島県は言うに及ばずだが、栃木県や群馬県も相当ヤバいじゃないか。
原発から約180キロ離れたみどり市や桐生市などの山間部の一部で、1平方メートルあたり10万~30万ベクレルにのぼった。250キロ離れた長野県境の一部でも3万ベクレルを超えた。チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた
ヘリコプターって地上数十メートルだよね。本当なら地上数十センチメートルで測定しなきゃダメなんじゃないの。この数値ってどの程度信用できるの?実際はこれよりひどいんじゃないのか。つーか、栃木や群馬の米は放射能の検査してるの?群馬大学の早川教授が作られた例のホットスポット分布図と符合していますね。

     ▲セシウム汚染マップ

     ▲ホットスポット分布図
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック