FC2ブログ


2011年10月01日 (土) | Edit |
今度はドイツの衛星が落下へ…10月下旬から
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110929-OYT1T00452.htm
運用を終えたドイツのエックス線観測衛星「ROSAT」が、10月下旬から11月にかけて地球に落下することが分かった。米メディアが28日報じた。燃え尽きずに地表へ到達する破片は30個と予想され、地球上の人間の誰かに当たる確率は2000分の1という。一人一人にとっては、当たる確率は14兆分の1と非常に低くなる。24日に南太平洋に落ちた米国の大気観測衛星(UARS)は、人間に当たる確率が3200分の1だった
今度はドイツの衛星だそうです。前のより当たる確率は高くなっています。

     ▲今度はドイツの衛星が落下
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック