FC2ブログ


2011年10月04日 (火) | Edit |
福島第1原発:増え続ける廃棄物 循環注水3カ月
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111003k0000m040078000c.html
東京電力福島第1原発事故で、高濃度の放射性汚染水を浄化して原子炉の冷却に使う「循環注水冷却」が本格稼働して、9月27日で3カ月になった。今月上旬からは東芝製装置の単独運転に変わり、トラブルの多かった米仏製装置はバックアップに回る。これにより汚染水処理装置の稼働率向上が期待される一方、処理に伴い生じた高濃度の放射性廃棄物はドラム缶約4700本分相当に達し、今後も増え続ける見通しだ。最終的な処分方法は未定で、汚染水処理の障壁になっている
ラム缶約4700本分相当ってすごいな。これどこへ持って行くんだろう?六ヶ所村?
地元自治体も不安を募らせる。福島県双葉町は「仮置き場が最終処分場になったら困る。県外に移動してほしい」と訴える
おいおい・・・。県外へ移動してほしいって六ヶ所村以外に引き受ける県があるわけないだろ。自分のところの放射能は自分のところで責任を持つべき、他の県へって甘え過ぎだろう。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック