FC2ブログ


2012年01月31日 (火) | Edit |
中3「国に見放されたかと…」シンポで苦言
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120129-OYT1T00428.htm?from=main8
パネリストの一人で、福島県南相馬市から新潟県新発田市に避難している中学3年生(15)は、福島第一原発事故直後の政府の対応について「どっちに避難したらいいのか、すぐに言ってほしかった。国に見放されたかと思った」と苦言を呈した。ただ、「地震から生き延びられ、毎日幸せ。一日一日を大切に過ごしています」と話した
スッカラ菅は、原発対策ばかりでしたからね。かと言って官僚に命令することもしなかった。まさに現場の被災者はスッカラ菅の目には映っていなかったのです。官僚も動けないから「国から見放された」状態が続き、せっかく助かった人たちも避難所で次々に死んでいった。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック