FC2ブログ


2012年03月29日 (木) | Edit |
2号機格納容器内、最高73シーベルト 廃炉作業難航も
http://www.asahi.com/national/update/0327/TKY201203270702.html
東京電力は27日、福島第一原発2号機の格納容器内で毎時72.9シーベルトの放射線を観測したと発表した。炉心溶融事故を起こした1~3号機の格納容器内で、放射線を直接測定したのは初めて。人は容易に近づけず、遠隔操作の機器も故障するおそれのある強い放射線で、今後の廃炉作業の難しさが改めて浮き彫りになった(中略)底から約4.2メートルの場所で最高値の72.9シーベルトを記録した(中略)人が数分間浴びると死亡する値だ
7万3千ミリシーベルトってこと?なんかピンとこないよなー。

     ▲2号機格納容器内部
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック