FC2ブログ


2012年04月08日 (日) | Edit |
がれき受け入れ対応二分 「前向き」増、明確拒否も
http://www.asahi.com/national/update/0406/TKY201204060520.html
岩手、宮城のがれきのうち約400万トンを全国で処分する広域処理を巡り、全国の自治体に政府が送った受け入れ要請の回答が6日、期限を迎えた。受け入れを前向きに検討する地域がさらに増える一方、明確に拒否した回答もあり、対応は割れている。要請は3月16日、野田佳彦首相名で送った。対象は、その時点で態度を明確にしていなかった35道府県と10政令指定市だ。各自治体の発表などによると、愛知県は最大100万トンの受け入れを表明。京都府も、舞鶴市など5市町が前向きに検討と答えた。一方、札幌市は「安全の確証が得られる状況にない」として受け入れを拒否。徳島県も県内で前向きな自治体はないことを国に伝え、「国からの説明が届いていない」と批判する
これは札幌市や徳島県が言うのが正しい。原発事故がなかったら少しずつでも受け入れたと思いますけどね。放射能を拡散してはいけません。岩手、宮城は福島の北の方だからそれほど放射能はないとは思うけど・・・。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック