FC2ブログ


2012年10月06日 (土) | Edit |
米でタブレット競争激化 iPadのシェアが8割から5割に
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/121004/wir12100411120001-n1.htm
米国ではタブレットの普及が急速に進んでおり、一方でiPadのシェアは8割から5割に低下していることがわかった。Android製品の急増に貢献しているのはアマゾンの「Kindle Fire」だという。10月1日(米国時間)に発表された「Pew Internet & American Life Project」の調査報告によると、米国成人の25%がタブレットコンピューター機器を所有しているという。その内訳は「iPad」と「その他」がほぼ同数で、52%がアップル社の製品を、48%が何らかの種類のAndroid搭載タブレットを所有している。2011年の数字はアップル製品が市場の約80%を占め、かなりiPadに偏った状況を示していたため、最近のAndroidの増加は著しい
ということです。iPad買ったけどぜんぜん使わないので子供にやった。私はやっぱりパソコンがいい。やっぱり私はアンドロイドの方がいいなー。←iPhone5予約したくせに・・・。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック