FC2ブログ


2012年10月11日 (木) | Edit |
「著作権監視ボット」の行き過ぎ対策 YouTubeがシステムを一部修正
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/121009/wir12100910030000-n1.htm
実体のない著作権侵害の申し立てや、監視システムの誤った判断により、動画の配信が停止されるケースを減らすため、著作権監視システム「コピーライト・ボット」のアルゴリズムが改良された。担当者によると「今後は人間が目で確認し、判断できるようになる」という
日本もフェアユースの概念を導入すべき。今の何が何でもという姿勢は文化の発展を阻害している。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック