FC2ブログ


2012年10月14日 (日) | Edit |
Windows 8はタッチをデスクトップやラップトップに無理強いする–良い結果にはならないね
http://jp.techcrunch.com/archives/20121011microsofts-windows-8-shoehorns-touch-into-desktops-and-laptops-this-wont-end-well/
今後はそういう機種が続々と出てくるのだが、でもWindows 8のタッチ機能は、デスクトップのインタフェイスとして適切だろうか? むしろ、従来のデスクトップのフォームファクターとタッチは、どう考えても両立しない。たとえばそれは、人に無用な努力を強いる。デスクトップでタッチを使おうとすると、キーボードやマウスやトラックパッドなどに比べてやることが多い。画面が伸ばした腕の先にあるときは、とくにそうだ。目の前のキーボードやトラックパッドに指で触れたり、片手でマウスをつかむ動作と、何度も何度も画面に手を伸ばす動作を、想像で比べてみよう。クリック、ドラッグ、上下スクロールなどの操作、それにタッチではマルチタッチが加わる。ズームや回転はどうか? タッチは確かに動物の本能的な動作に近くて直接的だが、目の前の(手を上げて伸ばさないと届かない)デスクトップの画面に対しては、求められる努力量が大きすぎる。それが今後自然な習慣になることは、あり得ないだろう
そのとおりだと思います。これはWindows8の欠陥を明快に指摘した最初のすばらしい記事だ。どこかの提灯記事とは大違い。まさに、私の考えていたことと同じだ。
AppleのCEO Tim Cookは決算報告の席で、ラップトップとタブレットのハイブリッドは本質的に欠陥があり、フランケンシュタインのような怪物だ、と言って、大きく報道された
フイタwww。クックの言うとおりだね。Windows8はフランケンシュタインのように醜悪なOSだ。私はもうマイクロソフトを完全に嫌いになった。今後はMacに移行する。コメント欄に強烈なバカ発見。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック