FC2ブログ


2012年10月25日 (木) | Edit |
ブリヂストン、「超低燃費タイヤ用ゴム」の技術開発に成功
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20121023_567896.html
ブリヂストンは10月22日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のナノテク・先端部材実用化研究開発の一環として、革新的なナノ階層構造設計技術を開発したと発表した。NEDO、JSR、東北大学原子分子材料科学高等研究機構、九州大学先導物質化学研究所、産業技術総合研究所ナノテクノロジー研究部門と共同で開発したもの。従来、ゴムによるタイヤの転がり抵抗低減は、主に充填剤の分散状態を制御することにより行ってきた。しかし、相反する他性能等とのバランスをとるのに限界が近づいており、さらに転がり抵抗を低減させていくには、新しい観点でのゴム材料の技術開発が必要だったと言う。こうした背景を元に、今回ゴム材料中の各部材の空間配置をナノサイズで最適化する「三次元ナノ階層構造制御技術」を開発。この技術により、同社の低燃費タイヤ「ECOPIA」に搭載しているトレッドゴムと比べ、エネルギーロスを40%以上低減、耐摩耗性能を25%以上向上させることに成功したと言う
すげー、スーパーエコピア誕生だな。

     ▲BRIDGESTONE ECOPIA PRV 195/65R15 091H
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック