FC2ブログ


2012年10月31日 (水) | Edit |
販売低迷のEV、陣営拡大へ迫られる戦略転換
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD2507O_V21C12A0000000/?n_cid=DSTPCS003
電気自動車(EV)の売れ行きがさえない。価格の高さや航続距離の問題といったEV自体が抱える課題に加え、ガソリン車やディーゼル車といった既存車も高い燃費性能と低価格を両立させ、EVの強力なライバルになっていることも背景にある。「ゼロエミッション・ビークル」の先駆けとして鳴り物入りで登場したEVはこのまましぼんでいってしまうのか。日産「リーフ」は先進性が高く評価されている。国内最大のIT・家電の見本市「CEATEC(シーテック)ジャパン2012」。今年、最も目を引いたのは初めて参加したトヨタ自動車や日産自動車など自動車メーカーのブースだった。なかでも日産は今やシーテックの常連。同社のEV「リーフ」を給充電器として家庭につなぐ「LEAF to Home」や無人でも駐車場に自動駐車するデモンストレーションを披露、注目を浴びた。しかし、その先進性とは裏腹に「リーフ」の販売は低迷が続く。「正直に言うと、期待外れだ」。今月2日、日産でEV事業を担当するアンディ・パーマー副社長はニューヨーク市内で応じた一部メディアの前でこう漏らした
やっぱり価格だよね。私がプリウスPHVを検討したときもプリウスごときに400万円かけるのはどう考えても「冒険」。プリウスなんて「カローラ」クラスの大衆車だ。それがPHVになったとたんレクサス並の値段なんて納得できない。だから私はもう検討の対象からはずしたのである。400万円出すんならレクサスISかポルシェ911の中古買った方がよっぽどいい。

     ▲ISはカッコイイよね

     ▲ポルシェ911もすごく(・∀・)イイ!!
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック