FC2ブログ


2012年11月30日 (金) | Edit |
OCZ、Indilinxの次世代コントローラ「Barefoot 3」を採用したSSDを3モデル
http://news.mynavi.jp/news/2012/11/29/116/index.html
OCZ Technologyは28日、コントローラにIndilinxの「Barefoot 3」を採用した、SATA 3.0対応2.5インチSSD「OCZ Vector」シリーズを発表した。アスクを通じて11月末に発売する。店頭予想価格は、128GBモデル「OCZ Vector 2.5" 128GB」が13,400円前後、256GBモデル「OCZ Vector 2.5" 256GB」が24,300円前後、512GBモデル「OCZ Vector 2.5" 512GB」が48,900円前後。
気になる性能は、
転送速度は全モデルで、リードが最大530MB/s、ライトは「OCZ Vector 2.5" 512GB」と「OCZ Vector 2.5" 256GB」が最大530MB/s、「OCZ Vector 2.5" 128GB」が最大400MB/s。4KBランダムリードは「OCZ Vector 2.5" 512GB」と「OCZ Vector 2.5" 256GB」が100,000IOPSで、「OCZ Vector 2.5" 128GB」が90,000IOPS。4KBランダム書き込みは共通で95,000IOPS
爆速と言われているサムチョンのSSDは、
新たに登場したSamsung SSD 840 PROは、さすが上位モデルだけあってリード・ライトともに速度が大幅に向上。ベンチマークソフト『CrystalDiskMark v3.0.1c』では、シーケンシャルリードが毎秒530MB超、シーケンシャルライトが毎秒510MB超と、双方とも毎秒500MBを楽々クリアー。また、512Kランダムリード・ライトは毎秒500MBに迫る勢いで、4Kランダムリード・ライトも非常に高速となっている
同等性能のようですね。サムチョンの製品買うくらいならOCZかインテル買う。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック