FC2ブログ


2013年01月29日 (火) | Edit |
“楽しい車”復権へ 「シェール革命」に沸く自動車市場
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130128/biz13012809210002-n1.htm
首をかしげていると、ある日本車メーカーの幹部が苦笑いしつつヒントをくれた。「『シェール革命』ですよ」。そこまでの「深度」をもった出来事なのか、と一瞬意表を突かれた。世界のエネルギー市場で今、シェール層のオイルやガスの開発ブームに沸く米国の存在感が増している。国際エネルギー機関(IEA)の「世界エネルギー展望」によると、米国の2011年の産油量は日量810万バレルだが、20年には1110万バレルまで拡大し、20年代半ばまでにはサウジアラビアを抜き世界最大となる見通しだ。「石油に対するちょっとした安心感が北米の自動車市場に広がっている」。ホンダの伊東孝紳社長はこう話した。石油の枯渇や原油価格の高止まりに対する懸念がやや薄れ、ガソリン価格をあまり気にせず、面白い車や運転していて楽しい車へと消費者が流れている。「自動車メーカーもその流れをつかもうとしているし、その時代をアピールする『旬』を消費者に提供するのが自動車ショーでもある」というのだ
なるほどね・・・。男にとってクルマはロマンだ。単なる「乗り物」ではない。私もいつかはポルシェに乗りたいと思っている。夢はあきらめなければいつかかなうものだ。退職した上司が送別会で言った言葉がある。「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。夢をあきらめないで追い続けてほしい」とね。いい言葉だよね。今は私の座右の銘だ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック