FC2ブログ


2013年01月31日 (木) | Edit |
e-onkyo、“最高クラス”の5.6MHz DSD楽曲を配信開始
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130128_585378.html
オンキヨーエンターテイメントテクノロジーは、高品質音楽配信サービス「e-onkyo music」において、1bit/5.6MHzのDSD音源を1月28日より配信開始した。これまで、同社のDSD配信音源は1bit/2.8MHzのみだったが、“現在の最高クラスとも言える”とするサンプリング周波数5.6MHz(CDの128倍)での配信を開始。「100kHzをカバーする再生周波数範囲、可聴帯域内120dBを超えるダイナミックレンジを確保し、24bitなどのPCMマルチビットが実現する高音質の世界とはまた違ったアナログ・レコードのような非常に滑らかで艶と奥行きのある音楽を味わっていただける」としている。なお、5.6MHz楽曲の再生対応オーディオ機器についてもサイト内で案内している
ということです。今年は高音質PCオーディオ(ハイレゾ音源)がブレークするんじゃまいか。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック