FC2ブログ


2013年01月31日 (木) | Edit |
アップルが廉価版「iPhone」を必要としない理由
http://japan.cnet.com/sp/businesslife/35027429/
しかしAppleは既に、旧来のテクノロジを用いてより小さなiPhoneの製造、販売を行っている。それは「iPhone 4」と呼ばれており、通信キャリアと契約を結ぶ場合には無償で提供されており、結ばない場合には450ドルで販売されている。また、「iPhone 4S」という製品もあり、通信キャリアと契約を結ぶ場合には99ドルで、結ばない場合には549ドルで販売されている。こういった旧世代のデバイスこそが、より小さく、より安価なiPhoneを望む人たちに対するAppleからの回答になっているというわけだ。iPhoneの販売が絶好調であるという点を考えると、より安価なiPhoneを発売する理由はあまりないと言えるだろう。また、大幅に安いiPhoneを市場に投入すると、より価格の高い(そして利幅の大きな)iPhoneの販売に影響が及ぶことは間違いない
まぁね、そういう見方もありえるな。でもなんか出そうだよね。iPad miniもさんざん出ないとか言ってて結局出たもんね。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック