FC2ブログ


2013年01月31日 (木) | Edit |
AcerのChromebookは合衆国販売台数の5〜10%を占める–Wong社長は“成功”と評価
http://jp.techcrunch.com/archives/20130128acers-199-chromebook-now-accounts-for-5-10-of-all-of-its-u-s-shipments/
Acerの、ChromeOSを載せたChromebooksは、同社社長Jim Wongが今日(米国時間1/28)Bloombergに語っているところによると、11月の発売以来合衆国の同社製品売上の5〜10%を占めている。この、Linux上でChromeブラウザが“ユーザOS”として動くデバイスの総売上台数をGoogleは明かさないし、Chromebookの代表的なメーカーであるSamsungからも情報はない。AcerのChromebookは現在一機種のみで、それは11月発売のC7モデル、インターネット接続はWiFiのみでお値段は199ドルという製品だ。C7の販売チャネルは、今のところGoogle PlayとBest BuyとTigerDirectのみ。WongはBloombergに、この5〜10%が今後も長期的に続く、という予想を語っている。また、今後Chrome OS機は合衆国以外の先進国市場にも提供していきたい、という
このChromeOS、まったく情報がないのはどういうことだろう。これだけウォッチしているのにスクリーンショットすら見たことがない。つーか、グーグルが社内で利用しているというGooglebuntuを出して欲しいぞ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック