--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月27日 (金) | Edit |
B-CAS見直し案が具体化。ソフトウェア/チップなど検討
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090226_43024.html
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!ところでこれは平たくいうとどういうことなの?教えてエロい人。

配布された資料の概要は以下の通り。
(1)現行B-CAS方式と同様の方式
(2)現行B-CAS方式と異なる方式(有料放送とは異なる方式)


ということで2つの方法が示されたところまではわかった。で?B-CASを廃止するという方向はないのだろうか?そもそも国民の知る権利においてとても重要なテレビの地上波にスクランブルをかけるなんてバカげたことをしているのは世界広しといえども日本だけだ。「民主主義」に対する重大な挑戦なのである。こんなことを許しているだけでも日本人の民度を疑われるのではないだろうか。

権利者団体の代表からは、「チップにせよソフトにせよ、スクランブルが前提となる。スクランブルを外すことに、権利者が同意するわけではないとされているが、全く言っていない(ry


椎名氏が以前インタビューで語っていたのは、B-CAS導入時に肝心の著作者も蚊帳の外だったという事実だ。つまり、著作者や消費者も交えて議論された形跡はまるでないのである。つまりこんなバカげたことを始めた張本人は放送事業者でありその都合だけだったのである。BSの有料放送用に開発されたB-CAS の開発経費をなんとかしたいというだけの目論見だったのである。

消費者団体の代表からは、「消費者の夢のような意見では、“エンフォースメントのない無料放送も可能”と考える(ry


地上波放送にDRMがあるのがおかしいのであって、消費者が「エンフォースメントのない無料放送も可能」というのが「夢」とか言ってちゃだめだよ。景気対策でとっととB-CAS廃止をしたらどうだ。

地デジ移行の後もB-CASのまま行くというのはあり得ない


いやいや、B-CASを残したままの地デジ移行が無理です。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。